検索
  • ピカイチにっぽん!毎日18時更新

ピカイチにっぽん!令和元年7/26ニュース

今日もサイコーにっぽん!誇らしい我が国にっぽん!素晴らしすぎる!

西山製麺、世界が味わう札幌の味 芽吹いた34年前の種@7/24日経新聞

シンガポールで6月末、西山製麺(札幌市)の海外直営店がプレオープンした。海外に活路を見いだす同社は札幌から世界30カ国・地域に麺を届け、2018年度の海外売上高は3億円を超えた。今や収益の柱になりつつある海外ビジネスは一朝一夕に育ったわけではない。きっかけは34年前にさかのぼる。

地域の逸品、チョコに込め 9月、高知から全国へ発売@7/26日経新聞

加工食品や生活関連用品の企画開発会社、エスエス(高知県日高村)は9月、福島の復興と福岡の障がい者支援を目的としたチョコレート2種類を発売する。それぞれの地域で作られた作物が主原料。福島産の逸品は会津若松市の酒米を山口県の酒造会社で日本酒に用い、エスエスがその日本酒をチョコに仕込むという「会津・長州・土佐」協業を売りにする。

藍染めビジネスに若者の知恵 徳島で取り組み広がる@7/26日経新聞

かつて隆盛を誇った徳島の藍染め産業の再興に向け、地域からの情報発信が多彩になってきた。徳島県が条例で定めた「藍の日」の24日、藍関連の事業者が産業振興を目的に協会を設立。県内各地では阿波藍のビジネス拡大をテーマに様々なイベントが開催された。徳島の伝統産業である藍染めは、若者のアイデアも採り入れつつ可能性を広げようとしている。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

ピカイチにっぽん!令和元年9/20ニュース

今日もサイコーにっぽん!実に誇らしい!素晴らしい! ◆コマツ、アフリカに新工場@9/20日経新聞 コマツがアフリカ市場の開拓を急ぐ。2020年6月に南アフリカで建設・鉱山機械の補修工場を新設する。収益率の高い鉱山機械の拡販につなげるほか、現地の中国資本の鉱山会社などへの営業を積極化する。アフリカで販売を伸ばしている米キャタピラーや中国・三一重工などのライバルに対抗する。アフリカは旺盛なインフラ投資

ピカイチにっぽん!令和元年9/14ニュース

今日もサイコーにっぽん!実に誇らしい! ◆天皇陛下、コソボ大統領と会見@9/14日経新聞 天皇陛下は13日、来日中のコソボのサチ大統領と皇居・宮殿「竹の間」で会見された。2019年は日本とコソボの外交関係樹立10周年にあたる。サチ大統領は首相として来日した14年にも、皇太子時代の陛下と会見しており、約5年半ぶりの再会となった。 ◆ジャワ島横断鉄道、特急専用線路で高速化へ@9/14日経新聞 【ジャカ

ピカイチにっぽん!令和元年9/13ニュース

今日もサイコーにっぽん!実に素晴らしい!誇らしい!偉大すぎる! ◆光合成を即時計測 愛媛大が世界初@9/13日本農業新聞 愛媛大学社会連携推進機構植物工場研究センターは9日、作物の光合成をリアルタイムで計測できるシステムを開発したと発表した。生産者が活用できるシステム開発の商品化は世界初で、10月1日から発売する。光合成の計測は農業に人工知能を活用するのに欠かせないデータで、スマート農業の普及に弾

©2019 TAKURO SEITA