検索
  • ピカイチにっぽん!毎日18時更新

ピカイチにっぽん!令和元年7/28ニュース

今日もサイコーにっぽん!誇らしい!誇らしすぎる!オミゴト!

店舗はミュージアム、台湾ブランド日本へ@7/28日経MJ新聞

海外旅行先として人気ナンバーワンの台湾。タピオカミルクティーなど現地発のトレンドが今、日本を席巻し、現地の人気ブランドが続々と上陸する。クールな「MIT(メード・イン・タイワン)」ブランドにはまるのは若い女性だけでなく幅広い。背景には作り手のディープなこだわり、日台間のディープな交流があるようだ。実際に現地を歩き、人気の秘密を探った。

レーザ-で高精度加工 国内で開発熱、競争力向上へ@7/28日経新聞

高性能のレーザーを材料の加工に生かす研究が熱を帯びてきた。先行する欧米や中国などがしのぎを削るなか、日本は極めて精度の高い微細加工を実現するレーザーで巻き返しを狙う。大量の加工データと人工知能(AI)を組み合わせ、最適な加工法を導き出す試みも始まった。日本のものづくりの競争力を維持するカギとなる可能性がある。

タピオカ茶「大阪に原点」台湾・春水堂創業者@7/28日経新聞

ブームまっただ中のタピオカミルクティー。発祥の店は台湾・台中市が本店の「春水堂(チュンスイタン)」だ。運営する春水興業集団董事長で創業オーナーの劉漢介氏にタピオカミルクティー誕生の経緯やブランド論を聞いた。

坂が多い神戸のニュータウン 自動運転の街に@7/28日経新聞

神戸市のバス会社や日本総合研究所が中心となり、自動運転車の移動支援事業を2020年度にも始める。街開きから40年以上が経過した神戸市郊外のニュータウンが対象で、3年前から進める実証実験を生かす。住宅地内の店舗やバス停近くで乗降でき、マイカーを使わない高齢者らの近隣への外出を支援する。住環境の改善を通じて、若者の呼び込みに一役買う。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

ピカイチにっぽん!令和元年9/20ニュース

今日もサイコーにっぽん!実に誇らしい!素晴らしい! ◆コマツ、アフリカに新工場@9/20日経新聞 コマツがアフリカ市場の開拓を急ぐ。2020年6月に南アフリカで建設・鉱山機械の補修工場を新設する。収益率の高い鉱山機械の拡販につなげるほか、現地の中国資本の鉱山会社などへの営業を積極化する。アフリカで販売を伸ばしている米キャタピラーや中国・三一重工などのライバルに対抗する。アフリカは旺盛なインフラ投資

ピカイチにっぽん!令和元年9/14ニュース

今日もサイコーにっぽん!実に誇らしい! ◆天皇陛下、コソボ大統領と会見@9/14日経新聞 天皇陛下は13日、来日中のコソボのサチ大統領と皇居・宮殿「竹の間」で会見された。2019年は日本とコソボの外交関係樹立10周年にあたる。サチ大統領は首相として来日した14年にも、皇太子時代の陛下と会見しており、約5年半ぶりの再会となった。 ◆ジャワ島横断鉄道、特急専用線路で高速化へ@9/14日経新聞 【ジャカ

ピカイチにっぽん!令和元年9/13ニュース

今日もサイコーにっぽん!実に素晴らしい!誇らしい!偉大すぎる! ◆光合成を即時計測 愛媛大が世界初@9/13日本農業新聞 愛媛大学社会連携推進機構植物工場研究センターは9日、作物の光合成をリアルタイムで計測できるシステムを開発したと発表した。生産者が活用できるシステム開発の商品化は世界初で、10月1日から発売する。光合成の計測は農業に人工知能を活用するのに欠かせないデータで、スマート農業の普及に弾

©2019 TAKURO SEITA