検索
  • ピカイチにっぽん!毎日18時更新

ピカイチにっぽん!令和元年8/1ニュース

今日もサイコーにっぽん!我が国は誇らしい!実に誇らしい!

日立の英高速鉄道、デザインに発明賞@8/1日経新聞

英ロンドン・ノース・イースタン鉄道が運行する高速鉄道で5月、日立製作所の新型車両「AZUMA」が走り始めた。最高時速約200キロで、電化していない区間もディーゼルで走る。この車両を含む日立の「英国の社会インフラとなった高速鉄道車両システムの意匠」が、発明協会(東京・港)の2019年度全国発明表彰の最高賞である恩賜発明賞に選ばれた。

バンダイナムコ系、スペインにスマホゲーム新会社@8/1日経新聞

バンダイナムコエンターテインメントはスマートフォンゲームの開発と運営に特化した新会社をスペイン・バルセロナに設立する。現地の消費者のニーズを把握しながら、成長が見込める欧米市場向けにコンテンツを開発する。海外拠点を増やすことで、ゲームのクラウド化などの業界の変化にも迅速に対応できる体制を整える。

シルクだけじゃない 飼って知る「野蚕」の魅力@8/1日経新聞

シルクといえば、白い楕円体の繭を作る蚕が思い浮かぶだろう。しかし屋内で育てる蚕(家蚕(かさん))のほかに、絹糸(けんし)昆虫(糸をつくる虫)の仲間は約10万種もいる。野外の蚕なので「野蚕(やさん)」と総称され、絹糸はワイルドシルクとよばれて珍重される。私はその一種を東京都内で育てながら研究し、自前のミニ博物館も開いている。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

ピカイチにっぽん!令和元年9/20ニュース

今日もサイコーにっぽん!実に誇らしい!素晴らしい! ◆コマツ、アフリカに新工場@9/20日経新聞 コマツがアフリカ市場の開拓を急ぐ。2020年6月に南アフリカで建設・鉱山機械の補修工場を新設する。収益率の高い鉱山機械の拡販につなげるほか、現地の中国資本の鉱山会社などへの営業を積極化する。アフリカで販売を伸ばしている米キャタピラーや中国・三一重工などのライバルに対抗する。アフリカは旺盛なインフラ投資

ピカイチにっぽん!令和元年9/14ニュース

今日もサイコーにっぽん!実に誇らしい! ◆天皇陛下、コソボ大統領と会見@9/14日経新聞 天皇陛下は13日、来日中のコソボのサチ大統領と皇居・宮殿「竹の間」で会見された。2019年は日本とコソボの外交関係樹立10周年にあたる。サチ大統領は首相として来日した14年にも、皇太子時代の陛下と会見しており、約5年半ぶりの再会となった。 ◆ジャワ島横断鉄道、特急専用線路で高速化へ@9/14日経新聞 【ジャカ

ピカイチにっぽん!令和元年9/13ニュース

今日もサイコーにっぽん!実に素晴らしい!誇らしい!偉大すぎる! ◆光合成を即時計測 愛媛大が世界初@9/13日本農業新聞 愛媛大学社会連携推進機構植物工場研究センターは9日、作物の光合成をリアルタイムで計測できるシステムを開発したと発表した。生産者が活用できるシステム開発の商品化は世界初で、10月1日から発売する。光合成の計測は農業に人工知能を活用するのに欠かせないデータで、スマート農業の普及に弾

©2019 TAKURO SEITA