検索
  • ピカイチにっぽん!毎日18時更新

ピカイチにっぽん!令和元年8/31ニュース

今日もサイコーにっぽん!実に素晴らしい!実に誇らしい!

コメがチーズに変身 洋菓子メーカー、米国市場へ@8/31日経新聞

食と農の取材には新鮮な驚きが多いが、今回はいつもよりびっくりした。7月に横浜市の国際展示場で開かれた「お米産業展」のあるブース。小さくカットしたフランスパンを、チーズフォンデュのとろけるチーズにからめて食べてみると、舌の上に濃厚な味が広がった――。知らずに試食すればそう書いてしまいそうなところだが、じつはもち米で作ったチーズ風食品。乳製品は使っていない。

空気で膨らませ乗る、柔らかモビリティー メルカリと東大が開発@8/31日刊工業新聞

メルカリと東京大学の川原圭博教授らは共同で、短距離利用のパーソナルモビリティー「poimo」を開発した。市販の空気入れで膨らませて木馬の形にして使う。ビーチボールのように折りたたんで持ち運べる。

アフリカで血液をドローン輸送 エアロセンスなどサービス実証@8/31日刊工業新聞

波打つ檜皮、紙の神祭る 大瀧神社・岡太神社(越前市)@8/31日経新聞

福井県越前市に、屋根を何層も重ねたような不思議な形の神社がある。和紙の作り方を伝えた紙祖神をまつる「大瀧神社・岡太(おかもと)神社」だ。幾度も姿形を変えてきたこの神社は、越前和紙だけでなく全国の製紙業に携わる人々に崇敬されてきた。だが、なぜこの形なのかは謎だ。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

ピカイチにっぽん!令和元年9/20ニュース

今日もサイコーにっぽん!実に誇らしい!素晴らしい! ◆コマツ、アフリカに新工場@9/20日経新聞 コマツがアフリカ市場の開拓を急ぐ。2020年6月に南アフリカで建設・鉱山機械の補修工場を新設する。収益率の高い鉱山機械の拡販につなげるほか、現地の中国資本の鉱山会社などへの営業を積極化する。アフリカで販売を伸ばしている米キャタピラーや中国・三一重工などのライバルに対抗する。アフリカは旺盛なインフラ投資

ピカイチにっぽん!令和元年9/14ニュース

今日もサイコーにっぽん!実に誇らしい! ◆天皇陛下、コソボ大統領と会見@9/14日経新聞 天皇陛下は13日、来日中のコソボのサチ大統領と皇居・宮殿「竹の間」で会見された。2019年は日本とコソボの外交関係樹立10周年にあたる。サチ大統領は首相として来日した14年にも、皇太子時代の陛下と会見しており、約5年半ぶりの再会となった。 ◆ジャワ島横断鉄道、特急専用線路で高速化へ@9/14日経新聞 【ジャカ

ピカイチにっぽん!令和元年9/13ニュース

今日もサイコーにっぽん!実に素晴らしい!誇らしい!偉大すぎる! ◆光合成を即時計測 愛媛大が世界初@9/13日本農業新聞 愛媛大学社会連携推進機構植物工場研究センターは9日、作物の光合成をリアルタイムで計測できるシステムを開発したと発表した。生産者が活用できるシステム開発の商品化は世界初で、10月1日から発売する。光合成の計測は農業に人工知能を活用するのに欠かせないデータで、スマート農業の普及に弾

©2019 TAKURO SEITA