検索
  • ピカイチにっぽん!毎日18時更新

ピカイチにっぽん!令和元年9/3ニュース

今日もサイコーにっぽん!誇りにあふれてる!実に素晴らしい!

アフリカ進出 神戸一丸で TICADに共同ブース@9/3日経新聞

アフリカの巨大市場の開拓に向け、神戸市を中心に官民の積極的な姿勢が目立つ。8月30日に閉幕した第7回アフリカ開発会議(TICAD)に合わせて開かれた「日本・アフリカビジネスEXPO」で、神戸市は開催地の横浜市以外で唯一、ブースを出展。6事業者が参加し、アフリカ向けビジネスをPRした。

国際演劇の祭典シアター・オリンピックス、富山で開幕@9/3日経新聞

国際舞台芸術祭「シアター・オリンピックス」が、富山県の南砺市と黒部市で始まった。23日まで、16の国と地域から参加する舞台芸術家が30のプログラムを披露する、大がかりな催しだ。ロシアとの同時開催で、6月に始まったサンクトペテルブルクでも12月15日まで多彩な公演が続く。

ニッポン低温輸送、インフラ輸出で世界の鎖に@9/3日経新聞

中間所得者層が厚みを増す新興国でコールドチェーン(低温輸送網)が広がっている。鮮度を保ったまま生鮮品を長距離輸送し、消費者の手元まで届けるネットワークは一朝一夕に築けない。低温輸送網に求められる高度な温度管理の技術・サービスは日本のお家芸ともいえる。これから世界の人口が増えるなかで、食を支えるインフラ輸出をけん引する可能性を秘める。

東京の公道で自動運転実験開始 金沢大、中部大などと@9/3日経新聞

金沢大学は2日、中部大学や名城大学と共同で、東京・お台場などの公道で自動運転の実証実験を始めたと発表した。無線機能がついた信号機との通信や、周囲の交通状況を加味した運転などができるかを実験する。10月以降に予定される内閣府などが主導する実験プログラムにも参加し、市街地で安全に走行できる車両や交通インフラの要件を明らかにする。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

ピカイチにっぽん!令和元年9/20ニュース

今日もサイコーにっぽん!実に誇らしい!素晴らしい! ◆コマツ、アフリカに新工場@9/20日経新聞 コマツがアフリカ市場の開拓を急ぐ。2020年6月に南アフリカで建設・鉱山機械の補修工場を新設する。収益率の高い鉱山機械の拡販につなげるほか、現地の中国資本の鉱山会社などへの営業を積極化する。アフリカで販売を伸ばしている米キャタピラーや中国・三一重工などのライバルに対抗する。アフリカは旺盛なインフラ投資

ピカイチにっぽん!令和元年9/14ニュース

今日もサイコーにっぽん!実に誇らしい! ◆天皇陛下、コソボ大統領と会見@9/14日経新聞 天皇陛下は13日、来日中のコソボのサチ大統領と皇居・宮殿「竹の間」で会見された。2019年は日本とコソボの外交関係樹立10周年にあたる。サチ大統領は首相として来日した14年にも、皇太子時代の陛下と会見しており、約5年半ぶりの再会となった。 ◆ジャワ島横断鉄道、特急専用線路で高速化へ@9/14日経新聞 【ジャカ

ピカイチにっぽん!令和元年9/13ニュース

今日もサイコーにっぽん!実に素晴らしい!誇らしい!偉大すぎる! ◆光合成を即時計測 愛媛大が世界初@9/13日本農業新聞 愛媛大学社会連携推進機構植物工場研究センターは9日、作物の光合成をリアルタイムで計測できるシステムを開発したと発表した。生産者が活用できるシステム開発の商品化は世界初で、10月1日から発売する。光合成の計測は農業に人工知能を活用するのに欠かせないデータで、スマート農業の普及に弾

©2019 TAKURO SEITA